竹田市 キリシタン洞窟礼拝堂

 

殿町洞窟礼拝堂には外国人宣教師が隠れ住んでいた。

 

大分県竹田市には多くのキリシタン遺跡が今でも残る稀有な土地である。

それは江戸時代岡藩(竹田市)の初代藩主となるキリシタン大名の中川秀成公が入封する。秀成公夫人の虎姫も数奇な人生をたどるのは有名です。

 

中川秀成公がキリシタンゆえに、この殿町キリシタン洞窟礼拝堂は岡藩家老古田重治の敷地内でなかっ たか。自らヨハネ・ディダーコの洗礼名を持つキリシタンであったし危険を冒して自分の敷地内の洞窟に匿ったのは何ゆえに !  訪ねて見よう。

 中川秀成家のかまぼこ型墓碑

 INRI の字がかすかに読み取れる

 

 ユダヤ人の王ナザレのイエスの略である

バプテスト北九州地方連合壮年会

 

 

実行委員長     梅木芳昭 (大分)

副実行委員長    吉田光慶 (若松)

 事務局長     菊岡義修 (東八幡)

  会計      中村 煕 (若松)

広報宣伝委員長   児玉 亮 (若松)

企画プログラム委員長  児玉尚文 (苅田)

会場委員長     山下 保 (シオン山)

祈祷委員長     石山輝久 (東八幡)