臼杵城石垣に残る十字架。

    大分県臼杵市には多くのキリシタン遺跡が残る

 

臼杵城址の石垣には十の字や〇や△にHと思われる字が彫られるのは何を意味するのか尋ね石に聴くのも面白い。

ある人は△はサンカク→サンタ、〇はマルイ→マリアと意味するのではと言う。                         

最近は各地のキリシタン墓地が整備され、キリシタン遺跡の保護がなされるようになってきました。